働いていない主婦の方が「総量規制」とは無関係の銀行でお金を借りるというなら…。

大きな消費者金融などでは利便性の高い無利息サービスがありますが、いずれにしても初回貸付から一ヶ月のみのサービスですし、客観的に見ても低金利が長期間続く銀行取り扱いのフリーローンの方が良いでしょう。総量規制と言いますのは、並外れた借入を阻止して、利用者を守ってくれるものですが、「総量規制の条件に該当してしまうと、絶対に融資を受けられなくなる」というわけではありません。カードローンの借り換えを推奨するわけは、むろん金利が安くなることです。基本的に一回契約を結んだカードローンの貸付金利は、契約期間中はまず下げてもらえないので要注意です。働いていない主婦の方が「総量規制」とは無関係の銀行でお金を借りるというなら、在籍確認は携帯への連絡だけで済ませることが可能です。無論、配偶者が勤務している会社に突然電話されることもありません。専業主婦であろうとも、「総量規制」の適用がされない銀行でお金を借りるというようにすれば、在籍確認はモバイルへの連絡だけで終わらせることができます。もちろん、ご主人が務めている会社に電話連絡があるということもありません。審査に合格するのが比較的難関と言われる銀行が展開しているフリーローンは低金利ですから、消費者金融発のものを利用するのと比べて、ずいぶん返済の総額を少なくすることができるのがメリットです。独身でない場合、世帯を持っているということで信用力向上につながる傾向があるようですが、そういったカードローンの審査項目をそれなりに押さえておけば、何かと有利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です